注文住宅で失敗しないためには?初心者によくある疑問や解決策をわかりやすく紹介

注文住宅では建築現場をチェックできる?

注文住宅では建築現場をチェックすることができ、工事の様子を見ることが可能です。
自分たちの家が出来上がっていく過程を見学することが出来るのは、かなり貴重な体験となります。
家はこんな風に建てられていくのか、ここに注意して造られているのかなど社会科見学のような気持ちにもなれます。
もちろんスタッフの人達がきちんと仕事をしているのか、手を抜いていないか見ることも大切です。
直接工事に関わる人達と話せるのはこのタイミングだけなので、何か聞きたいことや伝えたい内容があれば積極的に話しをしましょう。
プロ目線のアドバイスを貰えて、家造りの役に立ちます。
また自分たちのこだわりなどを共有すれば、より理想に近いものに仕上がるのです。
スタッフもお客さんとコミュニケーションを取れる機会はなかなかないので、この期間を大切にしましょう。
見学するときには注文住宅の耐震性などについて質問するのも、重要です。
どのくらいの震度に耐えられるのか、揺れたらどうなるのかも確認しておくと安心です。

注文住宅の建築を依頼するならプロセスを確認しておこう

いつか夢見た注文住宅を建築する日が来るまでは、しっかりとお金を貯めておく必要がありますがいざその段階になった場合どのような準備をしておいたら良いでしょうか。
注文住宅を建築するにあたりプロセスをしっかりと見ておいた方が良いです。
プロセスと言うのは、まず建築段階からどのような流れになっているかを把握することを意味しています。
ただ細かい把握はする必要はなく、それは建築会社の方でおこないますので、依頼者としてはおおよその流れだけでもつかんでおくことが大事です。
例えば、どの段階で住宅の建築が始まるのかそしてそれ以前に設計が完了するまでどれぐらいの時間がかかるのかといった部分です。
最初から答えが出ませんので、実際に住宅建築した事例などを参考にしてみるのが良いかもしれません。
いつ完成するかがわかれば、引っ越しのタイミングなどを買ってきます。
特に引っ越し繁忙期と言われる3月から4月位に関しては引っ越し会社の手配が難しくなるため、その時期に完成するならば3ヶ月前位から引っ越し会社を予約しておくことが大事です。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の疑問を解決!

このサイトでは注文住宅での失敗を避けるために、初心者の方が抱きやすい疑問や解決策をわかりやすくご紹介しています。マイホームに憧れて家を建てたいと思っている方にとって家づくりは、人生で何度も経験できることではないため失敗だけは避けたいもの。完成後に家の引渡しが済むと家族にとって新たな生活のスタートなのに、後悔や不満が出てしまうのは嫌なものです。家づくりを始める前に知識を深めておいて良かったと思えるような情報をお届けします。

Search